沖縄のゴリラチョップでダイビング!

沖縄の那覇市内を出発して国道58号線を北へのぼり約2時間ほど行くと、その海岸線に、まるでゴリラがチョップをしているような面白い形をした岩を見ることができます。

これが、沖縄のゴリラチョップです。

このゴリラチョップの北側は、ダイビングスポットとしても有名なのです。

この個性的な名前を聞くと、ぜひ潜ってみたくなりますね。

ゴリラチョップのエリアは、冬場でもダイバーが集まってきてダイビングをするというくらい静かで、楽しみやすいスポットです。

海沿いの広場に車を止めれば、徒歩2分でそこは海の中。

ダイビング器材が重くても、女の子でも、2分くらいなら歩けますよね。

そして2、3m海の中を進んでいくだけで、水深は2mとなって、カラフルな熱帯魚が目に出来るようになります。

さらに100mほどにまで進めば、水深は5m前後。

ここでは、餌付けされているロクセンスズメダイがいるので、気軽に餌付けをすることができます。

目の前は、白い砂地が広く広がっていて、ゆるゆると浮いた感じで歩いていけば、太陽光線がキラキラと海の中を輝かせ、リラックスした海底散歩を楽しめることでしょう。

それに、ゴリラチョップのエリアには、サンゴ礁がいるというのもいいですね。

しかも、ビーチから少し入っただけで一面のサンゴ礁を見ることができるので、初心者の方も大いに楽しめます。

冬でも初心者でもダイビングを楽しみたいとなったら、沖縄のゴリラチョップは、ぜひお勧めしたいところです。