沖縄の大度海岸でダイビング!

沖縄本島でダイビングを楽しみたい方にお勧めしたいスポットの1つが、大度海岸です。

別名をジョン万ビーチとも呼ばれます。

これは、江戸時代にジョン万次郎が帰国したのが、この海岸からだといわれているところから呼ばれるようになりました。

大度海岸で楽しめるのは、ダイビングはもちろんのこと、シュノーケリングでも満喫できるのが、人気の理由の1つです。

海岸から歩いて海面へ入っていくと、すぐに豊かなサンゴ礁を目にすることができるでしょう。

手つかずのサンゴ礁の美しさは、一度本物を目にしないと実感できないものですが、大度海岸のサンゴ礁を見れば、サンゴ礁を大切にしようという気持ちが湧き上がってくること間違いありません。

とはいえ、大度海岸でダイビングをするなら、中級者以上の、ダイビングに慣れた方の方がいいですね。

それは、リップカレントがあるからです。

リップカレントとは、岸に打ち寄せられた海水が沖に戻っていく時に発生する、帯状の強い流れのことで日本語では離岸流と呼ばれています。
※参考サイト紹介…https://www.sof.or.jp/jp/news/201-250/214_3.php

これは、慣れたダイバーにとっては楽しいものの1つなのですが、初心者にとっては、少し怖い感じがするかもしれません。

また、沖に向かう時はリップカレントに乗るとあっという間に進めていいのですが、戻る時はなかなか戻れない場合もあります。

そんな時はリップカレントが起きていない箇所まで横に移動すると良いのですが、これも初心者にはなかなか難しいことになります。

とはいえ、海の中の地形はダイナミックで、ウミガメも見ることができる、とても楽しいエリアとなっているので、ぜひお勧めしたいところです。

沖縄でダイビングをする時に、一度は潜っておきたいところだと思います。